• 新着商品
  • 値下げ商品
  • 未使用品

時計

ロレックス
パネライ
ウブロ
シャネル
フランク・ミュラー
カルティエ
オメガ
タグ・ホイヤー
インターナショナルウォッチカンパニー
ロジェ・デュブイ
パテック・フィリップ
ブレゲ
オーデマ・ピゲ
ハリー・ウィンストン
ブライトリング
セイコー
アクアノーティック
エルメス
  • OTHERS

ジュエリー

カルティエ
ブルガリ
ショパール
ハリーウィンストン
ポンテヴェッキオ
Non Brand
  • OTHERS

バッグ

ルイ・ヴィトン
エルメス
シャネル
ゴヤール
プラダ
ボッテガ・ヴェネタ
グッチ
  • OTHERS

大阪のトキオカ本店では、ロレックスからフランクミュラー、パネライ、カルティエ、シャネル、オメガまで、種類豊富な中古ブランド腕時計やジュエリーの買取・販売を行ってまいりました。“時を経ても変わることのない本物”を、一人でも多くのお客様にお届けしたいと考えております。送料無料の上、商品保証もしっかりと行っておりますので、ぜひお気軽にお買い求めください。

ロレックス

ブランド腕時計通販はトキオカ本店 TOP > ロレックス

HISTORY OF ロレックス

ROLEX / ロレックス
1905年、ハンス・ウィルスドルフが、ロンドンにおいて、時計輸入販売会社「ウィルスドルフ・デイビス社」を設立。
1908年、ウィルスドルフは、英語、ドイツ語、フランス語、イタリア語など、どの国の言語でも同じ発音で言い易く、文字盤にデザインしやすい「ROLEX」という言葉を考案し、ブランド名としました。
高精度ムーブメント、防水性、自動巻きといった、腕時計の軸となる部分を研究し、性能を向上させてきた結果、「腕時計といえばロレックス」と言われるぐらいの地位を確立。現代に至っても幅広い年齢層から支持を集めています。
2004年以降に発表された新作モデルや新しいシリアルナンバーのロレックスには、文字盤と風防の間の円周にロレックス・シリアルナンバーが刻印されており、これを通称「ルーレット」といいます。



当店では、ロレックスの高額買取を行っております。当店の『買取・下取査定』を是非ご利用下さい。

買取市場でも常に人気の上位に君臨するロレックス。その歴史は、1905年のロンドン、ハンス・ウィルスドルフによる時計輸入販売会社「ウィルスドルフ・デイビス社」の設立から始まりました。1908年、ウィルスドルフは、英語、ドイツ語、フランス語、イタリア語など、どの国の言語でも同じ発音で言いやすく、文字盤にデザインしやすい「ROLEX」という言葉を考案。これをブランド名としました。
高精度ムーブメント、防水性、自動巻きといった現在まで受け継がれるロレックスの軸となる部分は、ブランド誕生以来、常に研究し続けられており、その性能は向上し続けています。その結果、今や「腕時計といえばROLEX」と言われる地位を確立。買取の市場でも常に高い人気を誇っています。
 
現代に至っても幅広い年齢層から支持を集めているロレックスは、シーンに合わせて身に付けられるファッション性の高さが評価されています。
定番のシンプルなエクスプローラー、シックなデイトナ、スポーティなGMTマスターといった代表的なシリーズは買取市場でも常に高値で取引されています。いずれのシリーズにも言えるのは、フォーマル、ビジネス、プライベートなど、どのようなファッションにも合わせやすいこと。「華やかさがあるけど派手すぎない」「シンプルだけど地味すぎない」という絶妙なバランスと、そのゆるぎない存在感が魅力です。定番シリーズはその価値が下がりにくく、耐久性にも優れているため、とくに買取や買い替えに適しています。場合によっては購入時よりも買取価格が上がることもあります。
 
価値が下がりにくい秘密は、その流通量と使われている各パーツにあります。
ROLEXは言わずと知れた世界的な人気ブランドですが、その流通量は常に控えめ。売れるからといって、大量には流通させていないのです。
また、そのパーツはすべてROLEX社の純正品です。希少価値が高く耐久性にも優れた素材が使われています。小さなネジひとつに至るまですべてROLEX品質だからこそ、買取・中古市場においても大きな価値が見出されるのです。

他のハイパーブランドでもある程度の買取価格はつきます。しかし、ロレックスは新品・中古品はもちろんのこと故障品でも買取に応じるケースが少なくありません。それは唯一無二の魅力を持っているからであり、腕時計の枠を超えた芸術品だからでしょう。要オーバーホールで買取は難しいと諦めず、一度査定をしてみてはいかがでしょうか。きっと満足できる価格での買取が可能なはずです。
 
特に2004年以降に発表された新作モデルやシリアルナンバー付きモデルには、文字盤と風防のインナーベゼルに「ROLEX」の文字とシリアルナンバーが刻印されていて、これを通称「ルーレット」といいます。
ルーレットには偽造防止の意味があり、古いモデルには刻印がありません。文字盤と風防のインナーベゼルにあるのであまり目立つものではありませんが、愛好家の中によってはルーレットについて好みが分かれるので、買取を依頼する際は留意しておく必要があります。

まず、ルーレットがあるタイプは「ルーレットダイヤル」「ルーレット文字盤」と呼ばれており、製造番号の頭文字がZ(後期)、M、V、G、のモデルがこれに当たります。ニューモデルが欲しい人、トレンドに敏感な人に好まれます。
一方、ルーレットがないタイプは「ルーレットなし」と呼ばれており、製造番号の頭文字はR、L、E、X、S、W、T、U、A、P、K、Y、F、D、Z(前期)となっています。比較的古いモデルになりますので、レアなモデルが欲しい人、アンティークが好きな人に好まれています。
こういった古いモデル、レアなモデルが出回ることも、買取・中古市場の魅力です。

▲ページのトップに戻る