• 新着商品
  • 値下げ商品
  • 未使用品

時計

ロレックス
パネライ
ウブロ
シャネル
フランク・ミュラー
カルティエ
オメガ
タグ・ホイヤー
インターナショナルウォッチカンパニー
ロジェ・デュブイ
パテック・フィリップ
ブレゲ
オーデマ・ピゲ
ハリー・ウィンストン
ブライトリング
ジェイコブ
アクアノーティック
エルメス
  • OTHERS

ジュエリー

カルティエ
ブルガリ
ショパール
Non Brand
  • OTHERS

バッグ

ルイ・ヴィトン
エルメス
シャネル
ゴヤール
プラダ
ボッテガ・ヴェネタ
グッチ
  • OTHERS

大阪のトキオカ本店では、ロレックスからフランクミュラー、パネライ、カルティエ、シャネル、オメガまで、種類豊富な中古ブランド腕時計やジュエリーの買取・販売を行ってまいりました。“時を経ても変わることのない本物”を、一人でも多くのお客様にお届けしたいと考えております。送料無料の上、商品保証もしっかりと行っておりますので、ぜひお気軽にお買い求めください。

中古腕時計の復元工程

ブランド腕時計通販はトキオカ本店 TOP > 中古腕時計の復元工程

レストア工程

買い取らせていただいた中古商品をどのようにレストア(復元)し、お客様へご提供しているのかをご紹介いたします。

1.時計の分解

仕上げをするために、機械部分を取り除きます。バネ棒などを外し、本体・ベルト・機械の各部分に分けられます。

ばらした時に、本体の機械のタイムチェックを行います。

↓

2.仕上げ開始

1.ベルトの仕上げ

仕上げにはバフを使います。
手前がやわらかいバフ、奥が固いバフです。
ベルトの場合はほとんど、やわらかい方を使います。

2.バックル部分の仕上げ

目の細かいヤスリの付いたヘラで角をたてます。
角が丸くなっているのをとがらせる工程です。
その後、やわらかいバフで仕上げをしていきます。

3.本体の仕上げ

最初は固い方のバフで荒削りします。
(写真:左)

目が粗いので時々磨き石でバフをなめらかにします。(写真:右)

4.最終仕上げ

やわらかいバフで細かく磨いた後、 細かいやすりの付いたヘラで、つやを消していきます。

↓

3.洗浄

磨き工程が終わった後、洗浄します。
洗浄する部品をかごに入れて、大体15分くらい洗浄機の中に入れます。
(写真:左)

洗浄機から上げたら、ブラシで洗います。
(写真:右)

↓

4. 乾燥

洗浄が終わった後、洗った部品を乾燥させます。
最初はタオルの上に並べ、自然乾燥させます。
(写真:左)

続いてドライヤーで本格的に乾かします。
(写真:右)

↓

5.組み立て

乾かした後、バラバラにした部品をひとつずつ組み立てていきます。

↓

6. 完成

組み立てが終われば、できあがりです。

▲ページのトップに戻る